[KATARIBE 31979] [HA21L] チャットログ『少女に残された想い』

Goto (kataribe-ml ML) HTML Log homepage


Index: [Article Count Order] [Thread]

Date: Sat,  6 Dec 2008 20:36:24 +0900 (JST)
From: Subject: [KATARIBE 31979] [HA21L] チャットログ『少女に残された想い』
To: kataribe-ml@trpg.net
Message-Id: <20081206113624.5D315306801@www.mahoroba.ne.jp>
X-Mail-Count: 31979

Web:	http://kataribe.com/HA/21/
Log:	http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/31900/31979.html

2008年12月06日:20時36分23秒
Sub:[HA21L]チャットログ『少女に残された想い』:
From:久志


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
チャットログ『少女に残された想い』
==================================

登場人物
--------
 レニー
    :かつて吸血鬼狩り組織にいた少女。その心は既に壊れている。
 ロストマン
    :壊れたセカイの残骸

その名を
--------

 ロストマン  :「哀しいな……こんな事件ばかりだ」(新聞を投げ捨てる) 
 レニー    :「…………」>ただ頬を伝う涙、少女は眠りもしない、
        :黙ったまま、ただ哀しげに涙をこぼす 

[Hisa_kaki] #その虚ろな目には何も写さない。 

 ロストマン  :「レニーは死にたくなったりしないの?」 
 レニー    :「……死?……ウウン、死ネナイ……死ンデハイケナイッ
        :テ……言ワレタモノ」 

[Hisa_kaki] #兄に 

 ロストマン  :「そう……残酷なハナシだね」 
 ロストマン  :「ウヤダ……ウヤダか……どんな人なんだい? 僕はこれ
        :で結構何かを見つけてくるのは上手なんだ」 
 レニー    :「……死ンデハイケナイ、ッテ……ダカラ」>涙が零れた 
 レニー    :「……ウヤダ」 

[Hisa_kaki] #胸に下げた人形(もうぼろぼろ)をぎゅっと両手で抱きしめた
[Hisa_kaki] #一生懸命思い出そうとしてる 
[Hisa_kaki] #だが、もう思考する力は殆ど残っていなくて。 

 ロストマン  :「それ、ウヤダにもらったの?」 
 レニー    :「……ウウン……コレ、大切ダッタ……デモコレヲ持ッテ
        :イタラ武器ガモテナイッテ」 
 レニー    :「ウヤダ、ガ、首二カケテクレタ……」 
 ロストマン  :「ウヤダはレニーに武器を持たせようとした?」 
 レニー    :「……武器ヲトレ、ソレハ、オマエヲタスケナイ」 
 レニー    :「……ミンナ、死ンダ……武器ヲトレ……」 

[Hisa_kaki] #ぽつりと、涙が落ちて 

 ロストマン  :「そんなことを言ったんだ。理解は出来るけど……いたた
        :まれないな」 
 ロストマン  :「貸してごらん。それ、直してあげる」 
 レニー    :「……エ……」 

[Hisa_kaki] #少し顔を見て、 

 ロストマン  :「ほら、もうわたが抜けてるんだ。はらわたがないとヒト
        :ガタは萎んでしまう」 
 レニー    :「…………ウン」 

[Hisa_kaki] #両手両足が木で出来たぼろぼろの人形 
[Hisa_kaki] #古い皮ひもで縛られて、首から下げられるようになってる。

 ロストマン  :「少し、時間がかかるかもしれないけどいい?」 
 レニー    :「…………(こくん)」 

[Hisa_kaki] #ぼんやりと 
[Hisa_kaki] #ウヤダも何度も紐をつけかえて、これでいいと渡してくれた
[Hisa_kaki] #そんな記憶がかすかにすり抜けてまた涙に溶けて消える。 

 レニー    :「…………(涙が零れる)」 

[Saw_vaio] ロストマンは三日かけてこつこつと直していった。途中材料を
     買い足しに時々出かける以外はずっとそれにかかりきりだった。 
[Hisa_kaki] #その間、レニーは相変わらず膝を抱えたまま、止まらない涙を
       こぼし続けていた 
[Hisa_kaki] #何かを思い出そうとしたり、考えようとしていたが 
[Hisa_kaki] #洗い流されるように涙に消えて、レニーには残らなかった 
[Hisa_kaki] #その事が酷くレニーを哀しくさせ、更に涙を誘った 
[Saw_vaio] そして三日後出来上がったそれはところどころ不細工ではあった
      が、しっかりと元あったような形になっていた。 

 ロストマン  :(疲れて眠っている) 
 レニー    :「…………(じっと、ロストマンを見ている)」 

[Hisa_kaki] #疲れきって眠る 
[Hisa_kaki] #なんだかとても遠い昔に 

 レニー    :(のそのそと) 

[Hisa_kaki] #ぐったりと寝ているロストマンの肩にもたれてことんと体を
       預けた 
[Hisa_kaki] #だが、眠りは彼女を導いてくれない 

 レニー    :「…………(涙が落ちる)」 

[Hisa_kaki] #こんな風に誰かに寄りかかって眠りを貪ったのは 
[Hisa_kaki] #一体どれくらい昔のことだったか 

 レニー    :「…………ウヤダ」 
 ロストマン  :「…………」(途中でおきたがネタフリをしてレニーの
        :様子を伺っている) 
 レニー    :(寄りかっかったまま)
        :「……ウヤダ……(肩を震わせて、顔を覆う)」 

[Hisa_kaki] #哀しくて哀しくて堪らない 
[Hisa_kaki] #だが何が哀しいかすら、今のレニーには理解できない 

 ロストマン  :(…………) 

[Saw_vaio] ---翌朝 

 ロストマン  :(ピエロの格好をしてレニーの前に現れる) 
 レニー    :「…………(ぱちくり)」 
 ロストマン  :(お辞儀) 
 ロストマン  :(おどけた様子でボーリングのピンを使ってジャグリング
        :の真似事をはじめる) 
 ロストマン  :(次々と頭で受け止めてくらくらっとして倒れる) 
 レニー    :「…………(瞬きしつつ見ている)」 

[Hisa_kaki] #でもその表情は変わらなくて 

 ロストマン  :(ボーリングのピンと喧嘩を始める) 
 レニー    :「…………」 

[Hisa_kaki] #ぢっと見ている、しかし見ているだけだった 

 ロストマン  :(ピンをほっぽりだして今度は玉乗りを始める。が、これ
        :もちっともうまくいかない) 
 ロストマン  :(玉を蹴飛ばす) 
 レニー    :「…………(小首を傾げる)」 
 ロストマン  :(花をぽんと出してレニーにプレゼントする) 
 レニー    :「……!?」 

[Hisa_kaki] #差し出された花を、受け取って 

 レニー    :「…………コレ、ハ?」 

[Hisa_kaki] #ちょっとだけ驚いてる、けれど、その意味まではわからないよ
       うだ。 

 ロストマン  :「レニーのための花ですよ」(微笑む) 
 レニー    :「…………エ?」 

[Hisa_kaki] #花を手にしたまま、 
[Hisa_kaki] #誰かからちゃんとしたプレゼントって、ひょっとして今まで
       一度も無い気がするよ、レニー 

 花      :「レニーちゃんっ、あたちを貰ってよっ」 
 ロストマン  :「ほらね」 
 レニー    :「…………(こくん)」 

[Hisa_kaki] #まだ、よくわからないという顔をしながらも 
[Hisa_kaki] #ひとつだけ頷いた 
[Saw_vaio] #今泣いてないですか 
[Hisa_kaki] #ちょっと驚いて、少しだけ涙が止まってる 

 ロストマン  :「涙が止まったね。週に一度は僕が涙を止めてあげる。
        :そしてゆっくり泣くことを忘れさせてあげる。僕はロスト
        :マンだから物をなくすのが得意なんだ」 
 レニー    :「…………(瞬き)」 

[Hisa_kaki] #一瞬ぽかんと、なってる 

 ロストマン  :(目を細めて笑い、ピエロ姿のままカセットコンロに卵を
        :落として晩御飯の支度に取り掛かる) 
 レニー    :「………………(ぼぉっとしてる)」 

[Hisa_kaki] #花を手にしたまま 

 レニー    :「…………(ぎゅっと、花に頬を寄せて)」 

[Hisa_kaki] #だが、涙はまた滲んでくる 
[Hisa_kaki] #何故哀しいのか、何故涙が出るのかは、レニーにもわからない。
[Hisa_kaki] しかし、モローのスイッチのせいでウヤダンを滅多刺しにせずに
      はいられないんだ、合掌。 
[Saw_vaio] はやくこいこい 
[Hisa_kaki] うふふ 


傷跡
----

 ロストマン  :「……(自分のにおいをかぐ)」 
 ロストマン  :(くんくんくんとレニーのにおいをかぐ) 
 ロストマン  :「うん……大事な発表があります」 
 ロストマン  :「銭湯に行きましょう」 
 レニー    :「……セントウ?」 
 ロストマン  :「体臭浴場、というやつです。臭いので」 
 レニー    :「……?」 

[Hisa_kaki] #首を傾げて 

 ロストマン  :「行けばわかります」(手を取る) 
 レニー    :「……」>素直についていく 

[Hisa_kaki] #手をひかれるまま 
[Saw_vaio] ----市内の銭湯 

 ロストマン  :「こちらで服を脱ぎます」 
 レニー    :「…………」 

[Hisa_kaki] #服ボロボロですね、はっきり行って 

 ロストマン  :「その服は捨ててしまいましょう。新しいのを買っておき
        :ました。僕の見立てなので気に入るかはわかりませんが…… 
 レニー    :「…………ウン」 
 ロストマン  :「レニー、自分で服を脱いだり出来ますか?」 

[Hisa_kaki] #頷いた 

 レニー    :「デキル」 

[Hisa_kaki] #人前でも平気でマッパになれますよ 

 ロストマン  :「よかった。それじゃあ行きましょうか」
        :(女湯に入っていく)

[Hisa_kaki] #着替える時に周りなんてきにしねえ 

 レニー    :(ついていく) 

[Hisa_kaki] #いいんか、ロストマン。 
[Suo] #男なのにさりげなく女湯ww 

 ロストマン  :(脱いでいく) 
 番台のじいちゃん:(ボケてて気づかない) 
 ロストマン  :(時折レニーを気にしながら、脱ぐものを脱いで入って
        :いく)

[Toyolina] #なんて役得w 

 レニー    :(ぽいぽいと服を脱いで) 

[Hisa_kaki] #まあ、16歳くらいですが、まあ薄いといいますか 
[Hisa_kaki] #ちょっと控えめです、いろいろな意味で 

 ロストマン  :「レニー、まずは体を洗うんですよ。体を洗わずに湯船に
        :入るとマナー違反です」 

[Hisa_kaki] #やっぱりウヤさんは紳士だったんじゃねえの 
[Saw_vaio] #紳士説が浮上してしまった…… 
[Toyolina] #なびかなかったから紳士ではないのではないか 
[Hisa_kaki] #そういえばそうだった 
[Toyolina] #かつて紳士 
[Hisa_kaki] #妹以上の愛情はなかったので、紳士協定から外れました
[Hisa_kaki] #真の意味で紳士だったんでしょう 

 ロストマン  :(凍傷やら切り傷だらけの体を洗っていく。周囲に客は
        :ほとんどいないがやはり目立つ) 
 レニー    :(体を洗ってる、背中の真ん中に縦に一本魚の骨みたいな
        :ぶっとい縫い跡がある) 
 ロストマン  :「レニー、お揃いですね」(自分の背中を見せる) 
 レニー    :「……あ」 

[Saw_vaio] #やはり背中を走る大きな傷 
[Hisa_kaki] #背中に手を伸ばした 
[Hisa_kaki] #傷に手を触れてみる 

 レニー    :「…………ウヤダ、ト、オナジ」 

[Hisa_kaki] #ウヤダにもあるらしいです 

 ロストマン  :「そうなんですか……」 
 レニー    :「…………ドク」 

[Hisa_kaki] Dr 
[Hisa_kaki] #一瞬、レニーの顔が青ざめた 

 ロストマン  :「頭、洗ってあげますね」
        :(レニーの鼻をつまんで子供にやるようにしてやる) 
 レニー    :「……(されるがままに)」 
 ロストマン  :(シャンプーで丹念にレニーの髪を洗い、流し、リンスで
        :トリートメントする) 
 レニー    :「…………」 

[Hisa_kaki] #大人しく 

 ロストマン  :(そのままレニーの背中も洗い、最後にレニーの手を引い
        :て湯船に浸かる) 

[Hisa_kaki] #ちゃぷんと 

 レニー    :「…………(ぼぉっとしてる)」 

[Hisa_kaki] #イモ洗いみたいに洗われた経験しかないから 

 ロストマン  :「思い出したくないことは思い出さないでいいんです。
        :話は変わりますがレニー、数は数えられますか?」 
 レニー    :「カゾエラレル……」 
 ロストマン  :「それじゃあ50まで数えてみてください」 
 レニー    :「……1、2、3………」 

[Saw_vaio] #レニーがゆっくり数えるのを聞いている。もしも時々間違えた
      りわからなくなったりしたら教えてあげつつ。 
[Saw_vaio] #そうして風呂から上がったらフルーツ牛乳を買ってあげる 
[Hisa_kaki] #で、数え終わってお風呂あがって 

 レニー    :「…………(フルーツ牛乳を手に)」 
 ロストマン  :「さっぱりしましたね」(髪を乾かしてやりながら)
 レニー    :(こくん) 

[Hisa_kaki] #なんでこの人はこんなにいろいろとするのだろう 
[Hisa_kaki] #でも思考はレニーの心の奥にたどり着く前に消える。 

 レニー    :「…………(何かを言いたい)」 

 お礼を言いたかった。きっと。


時系列と舞台
------------
 2008年11月
解説
----
 ロストマンとレニー、ほんのひと時の平穏。
 http://kataribe.com/IRC/HA21/2008/11/20081119.html#220000
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 
以上



 ---------------------------------------------------------------------
http://kataribe.com/ 語り部総本部(メインサイト)
http://kataribe.com/ML/ メーリングリストの案内
http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/ 自動過去ログ
Log:	http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/31900/31979.html

    

Goto (kataribe-ml ML) HTML Log homepage