[KATARIBE 30506] [HA06L] 「スワロウテイルの夜 12 :うしなはれたうた」

Goto (kataribe-ml ML) HTML Log homepage


Index: [Article Count Order] [Thread]

Date: Wed, 20 Dec 2006 01:47:52 +0900 (JST)
From: Subject: [KATARIBE 30506] [HA06L] 「スワロウテイルの夜 12 :うしなはれたうた」
To: kataribe-ml@trpg.net
Message-Id: <200612191647.BAA48112@www.mahoroba.ne.jp>
X-Mail-Count: 30506

Web:	http://kataribe.com/HA/06/L/
Log:	http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/30500/30506.html

2006年12月20日:01時47分51秒
Sub:[HA06L]「スワロウテイルの夜12:うしなはれたうた」:
From:Saw


[HA06L]「スワロウテイルの夜12:うしなはれたうた」 
=================================================
登場人物 
-------- 
 揚羽/ソーニャ・ヴラドヴナ :少女、時々吸血鬼。歌を忘れた歌い手。 
 豊秋竜胆 :吸血鬼。GARDEN店主。ソーニャの理解者。

 蒼雅紫 :代々の霊獣使い。揚羽の友人。 
 御厨正樹 :揚羽を家族として迎え入れた少年。
 ストリス :人形。正樹の大切な相棒。

 九折因 :少女。吸血鬼。罪人。 
 紋白 :白い少年。吸血鬼。同族喰らいの忌み子。
 陀絡 :奴隷遣い。吸血鬼。

うしなはれたうた
----------------
 紋白     :(紙一重で退ける紫を尻目に正樹を捕える) 

[kisito] #と、とらえる? 

 紋白     :「小僧。お前から喰ってやる」(にーっと、口が耳まで裂け
        :るように嗤う) 
 正樹     :「……くっ……」 
 ストリス   :「ご、ご主人様には指一本触れさせませんっ」 

[kisito] #うぁー、壊されるぞストリスー…… 

 紋白     :(ストリスを振り払う。アゲハの脇に転がされるストリス)
 ストリス   :「あうっ」

 正樹     :「……ていていていてい」

[kisito] #多重にバリアー展開 

 ソーニャ?  :「……マ、サ、キ?」(目を開ける) 

[kisito] #焼け石に水とも。 

 正樹     :「……やっぱ、アゲハの言うとおり体を鍛えておくべきだっ
        :たかなぁ……ヤバイなこれ……」 
 ソーニャ?  :「正樹!」 

[Saw] #楽しそうにバリアを一枚一枚剥いでいきます 


 ソーニャ?  :「お前! 正樹に何をしている! さては敵だな!」 
 ソーニャ?  :(ぐぬぬぬぬぬう)<糸切ろうとしてる。肉の力で。 
 正樹     :「……ちっ、よりにもよってそっちのアゲハか……」 
 ストリス   :「アゲハさま、今糸をっ」 
 
[kisito] #包丁取り出してえいえいと 
[Toyolina] #よりにもよって、ってひどいな 

 アゲハ    :(糸に切れ目が入りブチブチ言い始める)
 
[Saw] #R店長は再生までどれくらいかかりますか。こういう状況だと。 
[Toyolina] #R店長の生首:(素でひどいことを言う。材料一個追加だな) 

 紋白     :「ふむ。小僧、選ばせてやろう。あの娘と貴様、どっちを先
        :に喰うか、だ」
 正樹     :「……へっ、ばかかお前は。そういうときに人間はなんてい
        :うかしってるか?」 

[Toyolina] #満月だったら一時間くらいあったら完全再生すると思いますけど 
[Saw] #では、上半身だけとりあえず半分くらいくっついたという事で 
[Toyolina] #上半身が半分。 
[Toyolina] #微妙なw 
[Tihiro] #微妙だw 
[Saw] #会話くらい出来た方が楽しいかなとw 
[Toyolina] #おkw 

 紋白     :「ふむ?」 

[kisito] 最後のバリアー破られたところで。 

 正樹     :「……地獄に落ちろ」

 アゲハ    :「むぎぎぎぎぎ」(ぶちちちん。ボテッ) 

[kisito] #ありったけの爆薬投げた後に一回使いきりのバリアー展開 

 SE     :ドゴン
 
[kisito] #結局は吹っ飛びます 

 正樹     :「げほっ、げほっ」 
 紋白     :(上半身が吹き飛ぶもみるみる再生していく) 
 アゲハ    :「正樹から離れろーっ」(ドロップキック) 

[Toyolina] #R店長:(冷静に見えてずいぶん短慮だなあ。材料一個追加。って
いうか早くくっつかないもんかコレ) 

 正樹     :「……う、まじかよ……」 
 紋白     :(蜘蛛の脚でアゲハを蹴り飛ばす) 
 アゲハ    :(ぼてっ、ごろごろごろ、がすっ)<頭打った 
 正樹     :「……アゲハっ」 
 紋白     :「楽しいじゃないか。小僧」(完全再生) 
 正樹     :「……俺はちっとも楽しくないがな」 

[Toyolina] #ストリスに体のパーツ運んでもらってもいいっすかねw 

 正樹     :「……(手持ちのバリアーは……こないだ作った封印用のあ
        :れしかないじゃんか……)」 

[kisito] #OKです、力は人間並みにあるので 
[Toyolina] #あとはSawさんの裁可待ちだな。それにしても こんなこともあろ
うかと:2は便利だな 
[Saw] #おっけーです 

 アゲハ    :「正樹から、離れろ」(辺りの木々、草花がさざめき始め
る) 
 ストリス   :「……これと、これと……」(スラスター吹かして一生懸命
集めてる 

[kisito] #NOVAのタタラの神業って便利ですよねー(ぼそ 

 SE     :「コォォォッ」(辺りに金色の光が浮かび始める) 
 竜胆の上半身 :(腕は一本あったらいいから脚とかヨロシク) 
 ストリス   :「……足ですかっ」 

[kisito] #時間がもったいないので投げます 
[Toyolina] #ひい 

 アゲハ    :(ふらふらと正樹の元に近寄ってくる) 

[kisito] #正樹が関わらないと結構雑になります 
[Saw] #竜胆さん、急速に傷が回復していきます 
[Toyolina] #ワーイ 

 正樹     :「……アゲハ……そろそろ、持たないのかな……」 
 紋白     :「共に死ね」 
 正樹     :「……断る。」 

[Toyolina] #これはなんかかっこいいシーンがありそうな予感がふんすふんす 
[kisito] #がしゃんとロケットランチャーらしきもの構えて発射 
[kisito] #当たったらとバリアーに包まれます。 

 紋白     :(ロケットランチャーを蜘蛛糸まみれにし発射を阻止) 
 正樹     :「……ち(あっさり捨てる)」 
 竜胆の遺体  :(再生中) 
 アゲハ    :(両の手を翳し、高音で不器用に声を絞り出す) 

[NATI] #遺体w 

 アゲハ    :(郷愁を伴うまどろみ──幾千の朝を越えて──玉響に永久
        :を──血の一滴までもキミに捧ぐ──今この時が黄金の時)
 
 SE     :(音にならない音が辺りを支配し、脳に直接感情が叩き込ま
        :れていく) 
 正樹     :「……(くそ、後使える物はっ)」 

[Saw] #竜胆さん、みるみる力が湧いていきます。いまなら二人をカバー出来そ
う 
[Toyolina] #よっしゃー 

 紋白     :「……? まあいいこれで終いだ」(脚で二人を叩きつぶそ
        :うとする) 

[kisito] #正樹にはドラえもんと同じ悩みがありそうだ>何かないか 

 正樹     :アゲハ突き飛ばし 
 竜胆     :「申し訳ない、間に合ったけど(跳躍してモン脚を防ぐ)」
 アゲハ    :(正樹を庇うようにがんとして動かない) 
 正樹     :「店長さんっ、大丈夫なんですかっ」 

[Toyolina] ちょっと血が飛び散ったりするけど勘弁な 

 紋白     :「貴様──いつの間にッ」 

[Saw] #余裕綽々で足が少し地面にめり込みますが止められました 

 竜胆     :「平気だって言った筈。予想より前倒しだけど(いやこれ危
        :ない)」 
 正樹     :「……ストリス!」 

[kisito] #背後から攻撃しかても? 

 アゲハ    :(旋律は最高潮に達し、周囲に浮かんだ金色の発光体が光の
        :柱となって辺り一帯を塗りつぶしていく) 
 紋白     :「なんだコレはっ?!」 

[kisito] #仕掛けても? 
[Saw] #ストリスが攻撃しようとすると紋白がずるりと影の中に消えます 

 ストリス   :「!?」 
 正樹     :「……よっと。」 

[kisito] #ストリス受け止める 
[Saw] #そして入れ替わりに現われる陀絡。両腕でガードを組むが──

 陀絡     :「──ぐッ」(光の柱に飲まれる) 
 竜胆     :(これが彼女の歌……) 
 正樹     :「……すごいな……」 

 歌は空気に溶け、光は霧散する。

 陀絡     :(ぷす……ぷす……) 
 アゲハ    :(がくり) 
 竜胆     :(支える) 

[Toyolina] #焼けてるのか>ダラク 
[Saw] #太陽に焼かれたように黒こげとなり膝を着く陀絡 

 陀絡     :「……カー……ハー……カー……ハー」(ガクリ) 
 正樹     :「……で、何者ですか。この人。」 
 竜胆     :「まだ何があるか判らないな。ソーニャをお願い(まさきさ
        :まに預けて、ダラクの前に立つ)」 
 正樹     :「……あ、はい。」 
 正樹     :「……スタンガンとか使います?」 
 竜胆     :「効くならね(苦笑)」 

[kisito] #なぜ持ってるのかは聞かないで(遠い目 
[chita] # 皆まで言うな。アゲハにツッコム用だろ 

 陀絡     :(炭化したまま胡座をかく)「……そう警戒するな。儂とて
        :"黄金"と言われたかの吸血姫の歌に巻き込まれては」(ヒッ
        :ヒヒと空気が抜けるように笑う) 
 正樹     :「……性格悪りー」 
 竜胆     :「油断しない理由もないですので。先日の約定とは話がかみ
        :あわない様にも思えますし」 

[Toyolina] #バラバラにされたし 

 陀絡     :「クックク、吹利の吸血鬼よどうする。儂を殺すか? その
        :場合儂の奴隷がこの場所に辿り着き次第抗争になるがのう」
 陀絡     :(膝を立てる。腰の鎖の束がチャラチャラと鳴っている) 
 竜胆     :「私的には、彼女に、ソーニャ・ヴラドヴナにこれ以上関わ
        :らなければ。紋白の子の数も知ったことではありませんし」
 正樹     :「……よいしょ」 

[kisito] #アゲハをおんぶ 

 竜胆     :「ああ後、この子らへの意趣返しもご遠慮して頂けると非常
        :に」 
 陀絡     :「物わかりが良いな。約束しよう。迂闊に触れて酷い目に会
        :うのはもうかなわん」 
 竜胆     :「ええ、ソーニャの件がなければ、私には敵対する理由があ
        :りませんから」 
 陀絡     :「よっこいせ」(立ち上がる) 
 正樹     :「……」(正直、文句は色々在るけど黙ってにらんでる) 
 陀絡     :「吹利の吸血鬼。名を聞こう」 
 竜胆     :「豊秋竜胆、無道の血に連なります」 

[TK-Sleep] # そういえば無道さんちは有名どころなんでしたね 
[Toyolina] #一応 

 正樹     :「……(なんというか、老練な人外ってやだよね素で見下し
        :てるし)」 

[Toyolina] #姓名乗らないのはどこに入るのかPLがわかってないからです 
[Toyolina] #あとでフォローしないといかんな、気にしたら負けだと 
[kisito] #というか、眼中になさそうなのは気のせいですかっ 
[Tihiro] #あったりまえじゃーん?(マテ 
[Toyolina] #だって目を離したらほら、失礼じゃない? 
[TK-Sleep] # 現当主の仔? 実は結構重鎮なのではないかしら、立場だけは 
[TK-Sleep] # 親父さん生きてたっけ、千影ちゃん 

 陀絡     :「無道の縁者やったか。この件、口外しない方がええで。紋
        :白の──同族喰らいの血、ねらっとるのはうちらだけやない
        :さかい」 

[Toyolina] #当主の実子の「子」ですから、いい位置ですね 

 正樹     :「……(あー、本気で話がわからん。ホントにソーニャは説
        :明してくれるんだろうなー、ほんと……)」 
 竜胆     :「それは誓って。ご忠告、痛み入ります」 

[Toyolina] #でもノナさん分析では異端 
[Toyolina] #まだ社交界デビューしてないんです、きっと 
[TK-Sleep] # するつもりもないんだろうなあ 
[TK-Sleep] # 気楽に生きたい人だし 
[Toyolina] #あったら吹利にいないと思いますw 

 蝙蝠A    :(まさきさまの頭に止まる。頭に言葉が響く)「後で説明す
        :るからもうちょっと待ってて、ほらゆかりちゃんとかみてて
        :あげたりとか」 

[Toyolina] #キモっとか思って振り払おうとすると消えます 

 陀絡     :「そこの坊主にも言い含めといたらええ。あと、これは詫び
        :賃や」(金の板を数枚懐から抜き取り手渡す) 
 正樹     :「……(はいはい、わかってますとも……)」 
 正樹     :すでに手馴れた応急手当を。 
 陀絡     :(片足を引きずるようにひょこひょこ歩いていく) 

[Saw] #ゆかりんは紙一重で避けたけど気絶してた、とかにしときましょうか 

 竜胆     :「おさらばです、奴隷遣い」 


[Toyolina] #おいしいもんいっぱい食えそうだ^^ 
[Toyolina] #>金の板 

 正樹     :「……(ホント良い迷惑だよあーもー)」 
 陀絡     :(ある程度進んだらひょいと手頃な樹に飛び乗る) 
 陀絡     :(因と入れ替わる) 
 因      :(気絶している。野ざらしのまま雨がぽつぽつと降り始め
る) 


おまけ
------
[Saw] #というあたりで今日は切ってよろしいでしょうか。 
[Tihiro] 何気によすがさんがっ(嗚呼 
[Toyolina] #因さん扱いがヒドイ 
[Toyolina] Wii 
[kisito] #うい 
[Toyolina] その頃の品咲さん 

 陀絡@本邸  :「痛いのう。痛いのう。こんな痛いのもうイヤじゃ。血を
持ってこい、新鮮な童の血じゃ」(畳に体を投げ出す) 

[Toyolina] #ちょw 
[Toyolina] #わがままっこみたいw 
[Tihiro] #あはーw 
[Toyolina] しかもMADみたいなノリになった 
[Saw] #タイミングがw 
[Toyolina] #黒幕説 
[Saw] #邪魔しちゃってごめんなさい。みぎーどぞw 
[Toyolina] 一行ネタだったんだけどねw 
[Tihiro] #偽みぎー:「ち、しっぱいかいな。つかえへんなぁ、せっかくおぜ
んだてしたっちゅーのに。」 
[Toyolina] #お膳立てを考えるあたりが偽ですね 
[Tihiro] #ええ、にせですね、全て。 
[Toyolina] 改め その頃の品咲さん 

 渚      :「二人ともメール返ってこーへん……もしや(もわんもわ
ん)あー!!!!!(悶絶。頭ぶんぶん。転がり壁に激突)」 

[Tihiro] #素敵に駄目だw 

 正樹     :「……あ、メール。」 

[kisito] #色々終わった後にw 
[Toyolina] #今大変なことになってるのしらないですからねw 
[Toyolina] メールの内容は特に他愛もないもんで 
[Toyolina] それを見てプッとか吹くか脳天気め、プンスカって怒るかは自由に 
[Saw] #これが17日の深夜。このあと一度GARDENで応急処置などをし、18日の早
朝にGARDENにみぎーにめーるがはいります 

 正樹     :「……、今忙しい。(送信」 

[kisito] きっとコレw 
[Tihiro] #まだまだおわらなさそうだ 
[Toyolina] それが18日早朝かよw 

 ソーニャ   :「……さて、話を始めよう。少し長くなるが、もう時間がな
いので聞いて欲しい。或る吸血鬼の話だ」 

[Saw] #つづく 
[Tihiro] 良い切り方ですねw 
[Toyolina] #ワー、次回予告みたいだー 
[Saw] 18日早朝はミギワも呼んで欲しいとまさき様に頼むと思います 
[kisito] 了解です 

解説 
---- 
 戦い終わって。

狭間06hiki-スワロウテイルの夜 
http://hiki.kataribe.jp/HA06/?SwallowtailsNight 

$$


 ---------------------------------------------------------------------
http://kataribe.com/ 語り部総本部(メインサイト)
http://kataribe.com/ML/ メーリングリストの案内
http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/ 自動過去ログ
Log:	http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/30500/30506.html

    

Goto (kataribe-ml ML) HTML Log homepage