[KATARIBE 29202] [HA06P]意思宿る人形その2

Goto (kataribe-ml ML) HTML Log homepage


Index: [Article Count Order] [Thread]

Date: Sun, 18 Sep 2005 22:00:17 +0900
From: asakura <guilsn@boat.zero.ad.jp>
Subject: [KATARIBE 29202] [HA06P]意思宿る人形その2
To: ML <kataribe-ml@trpg.net>
Message-Id: <432D64E1.9020403@boat.zero.ad.jp>
X-Mail-Count: 29202

Web:	http://kataribe.com/HA/06/P/
Log:	http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/29200/29202.html

やる気の続く限り書き続けます。
輝士都です。
正樹君の魔導人形話の続きのような物です。

**********************************************************************
エピソード『意思宿る人形その2』
=====================

登場人物
 御厨正樹(みくりや・まさき):ストリス生みの親、先日発明品に対する愛で
              :人形に意思を込めた変わり者。

 ストリス         :正樹の手により作られた魔道人形のようなも
              :の。正樹の事を一応創造主として尊敬してい
              :る。

御厨家正樹の部屋
----------------
 
 自己紹介の後、正樹は早速四肢の調整を始めた。
 といっても魔力糸を伸ばし、ストリス内部の動力に使っている機器の出力調
 整をストリスの感覚を参考に設定しなおすだけだが。
 
 正樹     :「調整してみたけど、どう?」
 
 魔力糸を消し、ストリスの中枢部とのリンクを切り、尋ねる正樹。
 
 ストリス   :「良好です、さすが正樹ですね。」
 正樹     :「いや、そんなことないよ。まぁ、こういった調整には慣
        :れてるけど。」
 
 ストリスは、意思を持ったときから感じていた疑問があった、それは。
 
 ストリス   :「それで、マサキ。私は何のために作られたのですか?」
 正樹     :「へ? 」

 正樹は、予想していない質問に動きを止める。

 ストリス   :「ですから、製作理由です。私にとっては存在理由と同義
        :になりますか。それを教えてください。」
 
 正樹はしばらく考え、いともあっさりこういった。

 正樹     :「無い。」
 ストリス   :「……申し訳ありません。聴覚機能に問題があるようです
        :、もう一度おっしゃっていただけませんか?。」
 正樹     :「だから、無いって。」

 ストリスは動揺したかのように口元に手を当て視線をさまよわせた。

 ストリス   :「あ、あの……では私は何をすればいいのでしょうか。」
 正樹     :「特に無いかなぁ……今のところ追加装備も作ってないし
        :、まぁ、のんびりしててよ。」
 ストリス   :「それでは、その追加装備が出来たら私の製作目的が達成
        :できるのですか?」
 正樹     :「いや、別にそういうことも無いよ。」
 ストリス   :「では、何のために私を?」
 
 目的も無く作るというのもおかしな話だ。まして魔道人形など。

 正樹     :「作りたかったから。」
 ストリス   :「……」

 いくらなんでもあんまりな答えにストリスはついに固まった。

 正樹     :「……あー、大丈夫か?」
 ストリス   :「だ、大丈夫です、危うく意識が飛びそうになりましたが
        :。」
 正樹     :「うそじゃないぞ、本当だぞ。」
 ストリス   :「えぇ、それは良くわかりました。」

 頭を抑えてうつむくストリス。…… まぁ、気持ちはわかる。

 正樹     :「? まぁ、いいや。ゆっくり……は出来ないだろうけど
        :のんびりしてて。」
 
 そういって、なにやら作り始める正樹、時折何かが爆発しているのは気のせ
 いだと思う事にして、ストリスは机の端に腰掛けた。

 ストリス   :(……マサキはいったい何を思って私を作ったのでしょう
        :命令するべき仕事も無く、成すべき使命も無く、私の存在
        :意義はどこにあるのでしょうか。)

 相変わらず、正樹は楽しそうに何かを作っている。その姿を見ていると自分
 の考えている事が、なんだかどうでもいい事に思えるストリスであった。

 
時系列
―――
2005年9月

解説
――
ストリスと正樹の自己紹介の後の話。 
**********************************************************************



 ---------------------------------------------------------------------
http://kataribe.com/ 語り部総本部(メインサイト)
http://kataribe.com/ML/ メーリングリストの案内
http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/ 自動過去ログ
Log:	http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/29200/29202.html

    

Goto (kataribe-ml ML) HTML Log homepage